ジーンズが縫えるミシン

厚物縫いがスムーズにできるスーパーミシンの研究

ジーンズを縫うには

ジーンズを縫う時に使うミシン針って何番がいいの?

2020/11/11

ジーンズ縫いで使う針

ジーンズなどの厚物を縫う時、細いミシン針を使うと折れることがあります。

針が折れると飛んでしまうこともあるんです。

その針が飛んでしまうと、どこかに針が迷いこんでしまってかわからなくなってしまうなんてことも・・・。もし、子どもやペットが踏んだら大変!

そのため、そういった危険性を防ぐためにも、生地にあった針を使うことが大切となってくるのです。

家庭用ミシンで現在使われている針の太さは、

♯9~♯16

です。

♯○というのは、針の太さで、針の太さは、針の数字が大きくなるほど太くなります。

つまり

#9(細い)→(太い)#16

ということです。

生地の厚いデニムやジーンズ生地を縫う際は、太い針#16がおススメです。

★ミシン針16番ってこんな感じ↓↓

一見、ミシンの針なんてどれでもいいだろうって思われがち(>_<)

実際に私も、何を縫うのでも同じ針を使っていました。

でも、薄物を縫う際はいいのですが、厚物を縫う際は、生地に合った針を使わないと縫い目が飛んだり、糸が切れてしまうことや針が曲がってしまうこともあります。

私も針が曲がったり、折れたりしていました(>_<)

ミシンの糸が折れる時ってなんとなくわかるんですよね。

自分でも無理やり生地を縫おうとしている感覚がありますから・・・

基本的なことですが、針と糸選びって意外と重要なことなんですよ。

最近では、手芸店も減ったのでミシン針を購入する場所にも困ってる人が多いと思います。ネット通販で購入する人が多いのではないでしょうか。

-ジーンズを縫うには
-, , ,

おススメ記事

1
スーパージーンズのすごい所

スーパージーンズのすごさは、厚みのある生地の段差をも乗り越えられること。抑えが生地に沿って動くから、どんな段差であっても乗り越えられることができちゃうんです。

スーパージンズの機能 2
スーパージーンズはボタンホール縫いなどもでき、厚手の生地を使ったハンドメイドにも最適なミシン

スーパージーンズは家庭でジーンズの裾上げができるミシンとしてPRされていますが、ジーンズの裾上げだけでなく、普通にミシンとしての機能も高機能です。ジーンズのような厚手の生地も扱えるハンドメイドミシンと考えてもらっても問題ありません。